コンバインド・アームズ(ツクダ)

 あの「タイガーⅠ」から脱却しようとした唯一のゲームです。
 1ヘクス150m、1ターン45秒と、「タイガーⅠ」(50m、5秒)と比べるとかなり大きくなっています。
 「脱却しようとした」と書いたのは、射撃戦ルールがそうなりきれていないからなのです。ここだけは相変わらず、命中→命中箇所→貫徹→誘爆、という手順を踏んでおり、「タイガーⅠ」の簡略版といった印象です。砲塔もマーカーを使用して旋回可能です。
 プレイヤーは中隊長~大隊長なのですから、砲弾1発の行方を支配する必要は無いと思うのですが。ひょっとしたら、あのお方はアクチュアルへの流用を考えていたのかもしれません。実際、タクテクス誌上にこのシステムでWWⅡ戦車のアクチュアルルールを発表されていました。
 発売が1986年なので、T-64~80の防御力が西側(死語)第3世代戦車より強力だったり、計画や試作のみで終わった車輌が含まれていたりしますが、上級ルールでは指揮命令ルールや攻撃ヘリやATMのルールもあり、まずは現用戦車ファンには楽しめるゲームだと思います。
 T-72の性能を下げれば、湾岸戦争シナリオなども自作できそうですね。

 あ、ゲーム中に登場する戦車で唯一、自動追尾装置を搭載している我が90式の命中率はアップしてあげなければ♪
f0059816_10482.jpg

[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-04-04 01:21 | うぉーげーまー


<< 射撃演習・・・・ ホーカー・ハンター >>