歴史は繰り返す?

またもや血の応酬となってきた中東。

ニュースや新聞で、イスラエルの軍艦がヒズボラから攻撃を受け、4人が死亡、行方不明とのことです。
噂によると、発射されたのはシルクワームで、ヘリ甲板を損傷したイスラエル艦は「サール5型」とのことです。ヘリ甲板があるのは同級だけだと思います。サール4型?を改造したのもあったかな?
「サール5型」って、これなんですけど・・・・
f0059816_21525049.jpg

で、シルクワームって、これなんですけど・・・・
f0059816_21542239.jpg

「サール5型」は1200トンクラス(海自「いしかり」と同大)の、イスラエル最新最大の水上戦闘艦です。ステルスを考慮した船体に、バラクSAMのVLSや、CIWSを搭載しています。
一方のシルクワームはご承知のとおり、SSN-2スティックスの中国版です。
もし、これが事実だとすると、40年前と何ら変わっていないことになりますね。ちなみに「サール5型」は3隻建造、艦名はラハヴ、ハニト、そしてエイラートです。
イスラエル艦側が全く警戒態勢を取っていなかったのならいいのです(それはそれで問題です)が、万が一戦闘態勢中の出来事だったなら、現行のSSM対策に大きな影響を及ぼすかもしれませんね。中○や北○○はシルクワームならいっぱい持ってますよ(^^;
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-07-17 22:10 | 艦船ちゃん


<< ↓大きな間違い 祝!イタリア優勝!(遅いって!) >>