龍虎相討つ

駒大苫小牧 000000010000000 |1
早稲田実業 000000010000000 |1

1を中心に0が対称に並んでいますね。
昭和44年の三沢VS松山商以来の決勝引き分け再試合となりました。

今大会はホームラン量産の打撃戦が目立ちましたが、
いい投手と固い守備の前には、打撃は水モノというのが再確認できました。

プロ野球では3連投、4連投など考えられませんが、
どちらが勝つにしても、明日もいい試合を期待しています。

いや~、いいモノを見せてもらいました。

-----------------------------------------------------------------------------

( 追  記 )
駒大苫小牧 000001002 |3
早稲田実業 11000110X |4

結果的に2回に田中投手から奪った1点が貴重でした。
それにしても9回の苫小牧打線VS斎藤投手の戦いは見ものでした(聴いてたんだけど)。
2ランでこれはもしや、とも思いましたが、最後の田中投手相手にこの日最速の147km!!
「たった一人で13K?・・・・化け物か!?」

この2試合をライブで観る事ができた私たちはラッキーですね。

斎藤投手、大会が終わり進路の話になると思いますが、
個人的にはいきなりプロではなく、早大に行って心技体をより一層磨いてから、4年後を期待したいものです。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-08-20 23:56


<< 1/700艦船キットの今 「イタリア巡洋艦史」(世界の艦... >>