パナマ運河拡幅計画

 パナマックスサイズといえばご存知のとおり、パナマ運河を通行可能な艦船の最大の大きさを指していて、現在は全長294.1m、全幅32.3m、深さ12mとなっています。108ft(32.9m)というのが私のような古い艦船ファンには必須(笑)の数字だったのですが、昔より少し狭くなっていますね。

 このほどパナマで運河の拡幅工事の是非を問う国民投票が行なわれ、80%の賛成で計画にGOサインが出ました。計画では6200億円をかけて、開通100周年にあたる2014年に完成させる予定だそうです。

 完成後に通過できる最大サイズは全長366m、全幅49mとなります。これでモンタナ級戦艦やミッドウェー級空母も通れますし、大和型も楽勝ですね(違うって!)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-11-01 00:50 | 艦船ちゃん


<< ピットロードが特型駆逐艦を開発! 北朝鮮、核搭載可能な爆撃機を8... >>