世界の「中古」艦船

 「ケネディ」退役、まだ使えるのにもったいないから某「海軍」が買わないかなぁ、という話をよそ(笑)でしていて思いついた事・・・・

「最近、欧米海軍はまだまだ使えそうな艦を気前良く売ってるなぁ」

・・・・ということで、世艦増刊「世界の海軍2007~2008」で拾ってみました。

アメリカ
 DDG キッド級(81年~)
  4 × 台湾
 FFG O.H.ペリー級(77年~)
  2 × バーレーン
  4 × エジプト
  2 × ポーランド
  2 × フィリピン
  8 × トルコ
 ロートルになったペリー級は、中古艦のベストセラーになっています。ただ米海軍には、平時の警備行動などには適当な大きさと性能を持つ艦が他に無いので、現有の30隻は、そういった活動に不要なスタンダード発射器を撤去の上、次世代水上戦闘艦「LCS」の就役までは維持されるようです。

イギリス
 FF 21型(アマゾン級、74年~)
  6 × パキスタン
 FF 22型バッチ1(ブロードソード級、79年~)
  3 × ブラジル
 FF 22型バッチ2(同上、87年~)
  2 × ルーマニア
 FF 23型(デューク級、90年~)
  3 × チリ
 現役バリバリで使える23型を3隻もチリに売っています。ちなみに、英海軍はこれより古い22型バッチ3を4隻使っています。

オランダ
 FFG ヤコブ・ファン・ヘームスケルク級(86年~)
  2 × チリ
 FF カレル・ドルマン級(93年~)
  2 × チリ
 FF コルテノール級(78年~)
  8 × ギリシャ
  2 × アラブ首長国連邦(UAE)
 こちらも就役10年ちょいのカレル・ドルマン級をチリに引き渡しています。93年といえば、海自だと「あさぎり」型の整備が終わり、初のイージス艦「こんごう」が就役した年です。

 これらの結果、チリは艦齢の若いFFG×2、FF×5を安く整備できました。また、昔から仲のあまり良くないトルコとギリシャが仲良く(笑)FF×8を揃えています。これらより古いノックス級なども、何ヶ国かに引き渡されています。

 日本をはじめ欧米海軍では、汎用水上戦闘艦は「ミニ・イージス艦」が就役・建造中なので、上記の艦たちは相対的に値打ちが下がり、持て余し気味になるんですが、国民の税金で造っているんだから、もったいない話ではあります(まあ、売ったお金を新型艦建造の足しにしている、とも言えますが)。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-03-28 00:48 | 艦船ちゃん


<< 艦船ユニット補完計画 全てはここから始まった・・・・ >>