「ソロモン3部作」発売決定!!(ってまだ決定じゃないって)記念(笑)

・・・・というわけで、今回は予定を変更して、ソロモン限定の1/700キット(巡洋艦以上)をご紹介。
キット評価は以前にご紹介しているので、今回は個人的にオススメのキットのみ取り上げます。

まずは米軍から(何故米軍が先なの?何故ならゲーム製作者がそう書いていたから、笑)
なお、価格は消費税抜きの本体価格で表示しています。

ピットロード 戦艦「ワシントン」1942 ¥3800
 実は、このキットは未見なんですが、アオシマの迷作よりは確実に出来は上だろう、ということで。船底部品付きです。

ピットロード 空母「ホーネット」 ¥3800
 これも未見(^^; 本艦はタミヤの名作キットがあるのですが、艦載機がB-25のみで、厳密には「東京空襲」仕様となります。こちらはB-25プラスF4F、SBD、TBDと盛り沢山・・・・あれ?艦攻はこの時機すでにTBFに改編されていたよねぇ、つーことは「東京空襲&ミッドウェー」仕様ですね。本キットも船底部品付きです。

ピットロード 軽巡「クリーブランド」 ¥2800
 完成見本の写真では、レーダーが1943年頃の状態なので、一部に人気(笑)の「ブーゲンビル島沖海戦」の姿が再現可能です。

ドラゴン 防空巡「サン・ディエゴ」 ¥2600
 元はピットロード「アトランタ」。金型が中国に流れ、船底および武装パーツ、エッチングパーツが追加されました。

 米艦の場合、、迷彩をどうするか?がネックになるかも・・・・「ホーネット」は相当苦労しそうですが、他の3隻は単純なパターンなので、じっくり取り組めば大丈夫でしょう。

 続いてオマケ?の日本海軍です。

ハセガワ 戦艦「比叡」、「霧島」 ¥2500
 リニューアル第1陣のため、全く問題が無いわけではないのですが、ストレートにソロモン仕様となるのでいいかも。

アオシマ 重巡「鳥海」1942第1次ソロモン海戦 ¥2000
 このキットの特徴は、艦橋の窓がクリアパーツになっている事でしょう。窓枠の塗装に注意しましょう。なお、店によっては改修前の通常窓状態になっているキットが残っているかもしれません、私はそっちを買ってしまいました。また、田舎の古い店ではリニューアル前のキットが残っている可能性も・・・・(それも買っちゃった私って)

ハセガワ 戦艦「加古」、「古鷹」 ¥2200
 バリバリの最新鋭キットです。出来もよろしい、説明書も丁寧、WL最良のキットだと思います。なお、実艦は日本重巡最小ですが、キットの箱は戦艦並みにデカいです(笑)

タミヤ 軽巡「阿賀野」 ¥1300
 こいつを忘れてました!ブーゲンビル島沖に参加してるじゃありませんか!今回紹介した中では最古参なのですが、さすがタミヤ、というところです。

 なお、「妙高」、「羽黒」はハセガワ、フジミ双方から出ています(どちらも1800円)。甲乙つけ難いところですね。購入の際は電探の有無で、キットの設定時期を確認しましょう。ハセガワは両方が再現可能だったかも。

 日本空母キットって、意外にもソロモン戦時を再現できるのが無いのよね~。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-04-14 01:42 | 艦船ちゃん


<< 最近の飛行機プラモデル・・・・ 「男たちの大和」を観る。 >>