変型の七つ道具

takobaさまのところで、現代の最新兵器をご紹介されていますが、私はオールドタイプなので、プラモ製作には、基本的な工具しか使用しておりません。ただ、ちょっと変わったモノは使っています。
f0059816_15495890.jpg
まずはカッターナイフ、上は極く一般的な品ですが、メインで使用しているのは下の「スリムタイプ」です。
f0059816_15533539.jpg
ご覧のように、かなり細くて鋭角です。使い勝手はノーマルタイプと同等以上、WLキット製作のような、細かい作業には重宝します。
珍しいから高価なんだろう?と思われるかもしれませんが、定価は本体210円、替刃が315円と、至ってリーズナブルなのもポイント高いです。大きめのホームセンターやハンズなら入手可能でしょう。ちなみに、我が市内で販売している店はありませんでした(笑)
f0059816_1632524.jpg
ただのハケです、100均で買いました。いえいえ、これで甲板とかを塗るわけじゃありませんよ。
塗装前のキットに付着したホコリや削りカスをはらったり、工作台上の掃除に多用しています。
f0059816_1671575.jpg
こちらも一般的なピンセットです。ただ、先端はヤスリで手に刺さるぐらいまで尖らせています。
↓こういう作業をするには必須なのです。
f0059816_1692667.jpg
伸ばしランナーで自作したループアンテナです。大きさは適当です・・・・それらしく見えればいいのさ(開き直り、笑)

・・・・・・ありゃ?3つしか紹介してないですな(笑)
あとはニッパー、ピンバイス、金ヤスリ、センター打ちの入ったドライバーセット、といったところでしょうか。

なんだか、彫金とか時計修理もできそうですね(ウソ)。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-05-20 16:20 | その他いろいろ


<< 一等駆逐艦「初春」公試! 隔週刊「ファイティングエアクラ... >>