日本人は・・・・・

(明るい)
ペイルグレー → 明灰白色
サイヤーブルー
スタンダードネイビーグレー
ライトグレー
ヘイズグレー → ダークシーグレー
オーシャングレー
シーブルー
ネイビーブルー
ダークグレー
デッキブルー → フィールドブルー
(暗い)

・・・・米艦船の甲板に使われるデッキブルーって、いちばん暗い色なんですね。
デッキブルーに、タミヤのフィールドブルーを使用した以上、シーブルーやネイビーブルーは、それより明るい色としなければなりませんが、これがなかなか・・・・やっぱり混色せないかんのかなぁ(^^;

以前、日本艦には、海軍規定の黒1:3白で合わせた灰色を使っていたんですが、1/700に塗ると、暗く見えてしまった経験があるので、現在の我が工廠では、ニュートラルグレーを日本艦の標準色とした経緯があります。

で、米艦もバランス上、マニュアルにこだわらず、実際より明るい色に仕上げたいわけです。

シーブルーとネイビーブルーは同じ色でも、それほど差し支えないのですが・・・・(と勝手に解釈)

いっそ、フラットブルーを使うか?

呉だ佐世保だ、と言っている日本人って、幸せなんだなぁ(笑)



・・・・閑話休題・・・・

プラモの在庫を発掘していたら、こんなに・・・・
f0059816_23154154.jpg
・・・・なあんや、結構持ってんじゃん!

ちなみに、「キャラハン」の中には、3隻分詰め込んでいて、箱が膨らんでました(自爆)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-07-06 23:03 | 艦船ちゃん


<< 日本空母の飛行甲板識別標識 やっぱり『海が好き!』 >>