あ~らビックリ!

f0059816_20475234.jpg
新鋭潜水艦「そうりゅう」進水

海上自衛隊の新型潜水艦「そうりゅう」(排水量2900トン)の進水式が5日、神戸市中央区の三菱重工業神戸造船所で行われた。
従来の「おやしお型」(同2750トン)を上回る新型艦の1番艦で、平成21年3月に自衛隊に引き渡され、配備される予定。
艦名は第二次世界大戦時の空母「蒼龍」に由来。
全長84メートル、幅9.1メートルで魚雷発射管6門を装備。日本の潜水艦では初めて「スターリング機関」を搭載し、従来型より隠密行動がとれるという。
式典では関係者ら約200人が見守るなか、吉川榮治・海上幕僚長が支鋼を切断すると、船台から黒い艦体が海面に向かってゆっくりと降りていった。(記事・写真とも産経新聞より)

「そうりゅう」・・・・ですかー。

じゃあ同型艦は、「ひりゅう」、「うんりゅう」、「かいりゅう」・・・・・・・・・・・

後が続かん(^^;
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-12-07 20:51 | 艦船ちゃん


<< 英巡洋戦艦「レパルス」起工!(... エコーⅡ型潜水巡洋艦竣工! >>