ちょっとだけ鉄ちゃん&Nゲージャーな私

当地はJR四国・予讃線の終着駅があり、ここから先は線路がありません(こういうの、何てったっけ?)
四国は以前からディーゼル王国で、予讃線は現在でも高松~伊予市間しか電化されておらず(&単線)、気動車がエンジンを吹かしながら走っています。

この状況は鉄道模型を楽しむには実に便利で、レール敷設後、電車には不可欠の架線柱を立てなくても遊べてしまうのです。
と、いうわけで、我が零細鉄道会社には、以下の車輌が配備されています。
(気動車)キハ58系4輌、キハ80系4輌、キハ40、キハ20各1輌
(機関車)DF50、C58  他に旧型客車3輌、および2軸貨車数輌

極くたまに、思い出したように押入れからダンボール箱を引っ張り出して、エンドレスを敷設、ジージー走らせたりしています。固定式レイアウトは、ハマるときりがなくなりそうです(笑)

実際に乗る機会は滅多にありませんが、鉄道模型を楽しむのも結構イイものです。
f0059816_1463063.jpg
写真は夏季限定で予土線を走る、通称「トロッコ列車」です。牽引車は、昔は特急列車だったキハ185-20、トロッコはキクハ32-501です。キハ32のシャーシをベースにしているそうで、無動力ながらキクハ、なんだそうです。以前は1軸貨車(トラ?)改造車を使用していたように思います。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-01-06 01:54 | その他いろいろ


<< 「しらね」除籍へ(泣) しらね火災 修理に100億円超!? >>