「東京急行」コンポーネント

まずはマップから。
f0059816_152436.jpg
中央がサボ島、下のほうにガ島沿岸が見えます。海面はいくつかのエリアに分割されていて、移動に関係するようですが、基本ルールでは使用せず、陸地ともども全て海として扱います。
f0059816_15283322.jpg
これがこのゲームのキモ、帝国海軍の機動を決めるチャートです。中央に米艦を置き、日本艦の位置を調べてから、10面体サイコロを振って、進行方向を決めます。
f0059816_156684.jpg
私は艦船ちゃん&モデラーなので、どうしてもユニットに眼が行ってしまいます。
艦艇ユニットはこれで全部です。意外に少ないようにも感じますが、ソロモン戦を戦うには必要充分な量です。
f0059816_158193.jpg
アップにしてみました。ユニットの数値は上左から後部主砲、副砲、前部主砲、下が移動力です。アトランタ級と5500トン型の砲撃力の後に「L」と書かれているのは、小口径砲を示しています。副砲は基本的に小口径砲ですが、日本戦艦は6インチ(CL)級の扱いです。
f0059816_15154633.jpg
お約束?のオマケ艦艇です。べーぐんのはちょっと無理があるかも?
f0059816_1518563.jpg
艦艇の損害や魚雷発射を書き込む記録用紙です。「大和」型はさすがに船体ボックスが多いですね。黒□で囲んだのは「北上」と「島風」、凶悪な雷撃力を誇ります。
f0059816_15212490.jpg
砲撃の解決にはサイコロではなく、このようなカードを引くのが、移動ルールとともにこのゲームのもうひとつの特徴です。BB用(14インチ~)、CA用(8インチ)、CL用(6インチ)、小口径用(6インチ未満)に別々の、各30枚×4種類のカードがあります。縦軸が砲撃力、横軸が目標艦種と距離となります。全くのスカや、切り直しカードがあるのが笑えます。

ひとしきりコンポーネントを眺めた後、和訳ルールを読み始めました。ルール2.2項にこう書いてあります。

2.2 ルールに関する質問
 省略(注:Victory Games社は現存していません)


おあとがよろしいので、次回に続きます。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-01-26 15:39 | うぉーげーまー


<< 月刊モデルグラフィックス’08... 「東京急行」到着! >>