カテゴリ:ヒコーキ野郎( 30 )

いよいよ・・・・

今週末、次期戦闘機が決まりますが、F-35『ライトニングⅡ』が最有力とのことです。
ま、言いたいことはあるんですけど(ぶちゃいくだし、笑)、3候補のうちで唯一の第5世代機なので、仕方ないよね~、これしかないんだから、というところです。
ともかく、40機買うと決めたからには、きちんと使いこなしてもらうのが肝腎です。

その上で、コイツをベースに国内技術を結集して、F-15J非改修機の後継となる次々期戦闘機を、5.5世代とも言うべき、F-35JもしくはF-3に育てていただきたい、と思います。
P-2JやSH-60K、そしてF-2など、こういう方面は日本の得意技だから、どんな物ができるか、今から楽しみです。

何事も前向きに考えないと、ね。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2011-12-13 20:52 | ヒコーキ野郎

全日空機・・・・

発表されたCG動画を見ていると、スプリットSをしているようです。
旅客機でしちゃダメでしょう。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2011-09-29 22:59 | ヒコーキ野郎

エスコンゼロ

「信濃」を史実よろしく建造中断したまま、ノーマルで3回りクリアしました。
ゲームそのものはまだまだ早紀があり、とても奥が深いのですが、取りあえずは全ての機体と動画を見る事ができたので、ちょいひと息、といったところです。

で、ヒコーキばかり見ていたら、こんなんも見たくなってしまいました。
f0059816_23121249.jpg
今は無き、イタリアはエッシー製1/72のF-16です。スタイルやエッジの切れ味は素晴らしく、ハセガワ製が発売されるまでは傑作と称されたキットです。
ちょっと「PJ」仕様で作ってみたくなったり・・・・塗装まで実物と変わりありませんが(笑)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2009-07-26 23:19 | ヒコーキ野郎

イロモノ

f0059816_20504111.jpg
「信濃」のカラーリングで煮詰まってしまっているので、息抜きにチマチマ。
でも塗装する時は、息止めてますけど(笑)

「よう相棒、まだ生きてるか?」
あんたに再会するまでに、何回壁とキスしたことやら(--;
で、いまだレーザーで焼かれっぱなしだし(笑)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2009-06-17 23:30 | ヒコーキ野郎

犬村小六著『とある飛空士への追憶』(小学館ガガガ文庫)

f0059816_0435311.jpg
 いわゆるライトノベルというやつですが、ネットでの評判が非常に良かったので、試しに買ってみました。この表紙、おいちゃんはレジに持っていくのがちょっとだけ恥ずかしかったです(笑)また、美少女の折り込みや挿し絵は、公衆の場で読むのも向きませんねぇ(^^ゞ

 舞台は地球に似た異世界、貧民出の飛空士が、皇妃となる貴族の娘を、複座水偵で『単機敵中翔破』、味方制空権下まで送り届ける、というお話で、いわば王道のストーリーを、平易な文章で綴っています。
 それだけに、雲を間に挟んで広がる青い大空と大海原、空戦、2人の淡い恋といったシーンが、すんなり入ってきます。

 秀逸なのはラストの数十ページ、脳内で思わずカット割りまでして映像化してしまう出来ばえだと思います。
 もちろん、その映像化の原作としてもいいでしょうが、そこらへんは誰にやらせるか、というので意見がバラバラになりそうなので、それは脳内シアターに留めたほうがいいかもしれません。

 小説として不備な点が皆無、というわけではありません(『真逆』という言葉を小説に残すにはまだ早過ぎるでしょう)し、ライトゆえ、人生を変えた1冊にはならないかもしれませんが、ライトだから一気読みできて、読後は清々しい気分になれるのでオススメです。

最後にひとこと、高性能プロペラ戦闘機、というのは小説でもアニメでも『震電もどき』になっちゃうんですね、『スカイ・クロラ』もそうだし(これも機体、いや期待の一作です)
f0059816_11129.jpg

[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-07-16 01:11 | ヒコーキ野郎

KC-767J空中給油・輸送機到着!

f0059816_054471.jpg
例の事故に隠れて目立ちませんでしたが、2月20日、岐阜に到着、川重で整備の後、3月に空自に引き渡し、小牧に配備されるそうです。
本機は給油機として使用される他、空自最大の「輸送機」(200名、32トン)でもあるため、海外派遣や邦人救出などにも活躍が期待されます。
ドンガラはE-767と同じなので、整備面でも共通化が図られるのはいいことですね。
f0059816_0283587.jpg
こっちの共通化も簡単そうです(改造にもならんか、笑)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-03-01 00:30 | ヒコーキ野郎

1/700 エリ8シリーズ F-14トムキャット(ミッキー2号機)

f0059816_055932.jpg
今回は、原作&アニメには登場しない迷彩にて・・・・エリ8には砂漠迷彩が似合う・・・・という、天の声が聞こえましたものですから(笑)
迷彩パターンはイラン空軍機のそれを参考にしていますが、緑色は省略しております。
ノッペリ感が無くなって意外に似合っているかも。
f0059816_072764.jpg
おまけにセイレーン(セラ)のマルヨンも。こちらの迷彩は適当です。
あの世で結ばれた2人の機体でございます。
f0059816_075681.jpg
支援車両もチマチマと。
マッコイじいさんは、帝国陸軍の燃料補給車や、81式短SAMまでも、どこからか引っ張ってきています(笑)
右1円玉の手前にあるのはVADSです、レーダーや照準器、固定脚など、それらしく追加してみました。

次回はアレと、アレだな・・・・たぶん(笑)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-11-09 00:15 | ヒコーキ野郎

1/700 エリ8シリーズ F-8クルセイダー(風間機)他

一気に部隊らしくしてみました。
f0059816_14617.jpg
ファントムとスカイホークはいろんなキャラが使っているので、これぐらいは作っておかないとね。
グレーのスカイホークは、2色のカウンターシェードにしたのですが、塗料が乾燥したら全く分からなくなってしまいました(笑)
88のスカイホークは垂直尾翼上端のポッドが無いタイプなので、本当は削る必要があるのですが、見なかったことにしてくださいね。
トムキャが映っていませんが、実は翌日、塗料をこぼしてしまって大破、廃機と相成りました(^^;
文字通りの遺影となってしまいました、でも、2号機を既に製作中であります。
f0059816_1484419.jpg
シンの機体は背中のブルーの面積が多いので、スリムだけど間延びはあまりしていませんね。
シャークティースもちまちま、まあそれらしく仕上がりました。
本当は「00」も書き込みたいところですが、さすがにそれはあきらめました。

さ~、次は誰の機体を作りましょう、請うご機体(自爆)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-11-04 02:03 | ヒコーキ野郎

1/700 エリ8シリーズ・1 F-14トムキャット(ミッキー機)

f0059816_0323979.jpg
思い切りピントが合ってなくて申し訳ありません。
実物は3センチに満たないので、アラは探さないでくださいね(笑)
尾翼以外にマーク類が無いので、案外地味な機体に思えます。
機首レドームが黒だとアクセントになったかもしれませんね。
f0059816_0352449.jpg
以前は手描きだった「ジャビットくん(違うって)」は、プレイボーイのサイトから拾った「バニー」をいじって、シールに印刷して貼り付けました。
「バニー」の耳は前側が傾いているのですが、ミッキー機の「ジャビットくん」は直立しています。
小さなウサギのようですが、700倍すると1.5mぐらいあるんですよ、ビックリ(^^;

あ、垂直尾翼上端は、「ジョリー・ロジャース」と同じく黄色がホントのようです、塗料を買いに行かねば・・・・
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-10-26 00:44 | ヒコーキ野郎

「紅の豚」を観る・・・・

作りかけて、塗装せずにほったらかしておいたのを思い出しました。

f0059816_21575640.jpg

意欲が萎えないうちにやっとかないとね(笑)

映画自体は、放映されるたびに、楽しく見る事ができております♪
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-05-28 22:01 | ヒコーキ野郎