カテゴリ:ヒコーキ野郎( 30 )

新世紀の戦闘機(その1)

すっかり戦闘機紹介ブログと化しています(笑)
さて、スホーイは現用主力機の発達型なので、厳密には新世紀の戦闘機とは言えないかもしれませんが、カッコイイのでお許しを。
今回の発見はタイフーンが意外に小さかった事です。私はホーネットクラスというイメージを抱いていたのですが、平面のサイズはラファールとそう違わないんですね。
おそらく、無骨なスタイルと巨大な垂直尾翼のせいで大きく見えるのかもしれません。

ところで、空自のF-4の後継機、何になるのでしょうね。今回紹介の機体の内、スホーイを除いた3つ+スパホ、F-35あたりが候補になると思いますが。F-15J非改修機の後継も視野に入れると100機程度の大きな買い物になります。私たちがクルマを買う時もそうですが、使い方と予算の兼ね合いもあるので、カタログを見て、試乗もして、じっくり検討していただきたいものです(笑)まあ、現場の人たちは「ラプター欲しい!」と思ってるのでしょうけど(^^;
f0059816_1371767.jpg

             (スホーイ、アグレッサー用にリースしてくれないかな?)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-05-17 01:41 | ヒコーキ野郎

デッカイもの と チッチャイもの

 今回はデッカイもの代表としてF-111とSu-24、チッチャイもの代表はナット、おまけとして経国にご登場願いましょう。
 一体この差は何なんでしょうね?(^^; まあデッカイほうは戦闘機といっても事実上爆撃機みたいなものですから。ここで白状しますが、フェンサーはそのままだとユニット枠内からはみ出してしまうので、止むを得ず機首のピトー管と垂直尾翼端を少し削っています。
 一方のナットのほうはセスナより小さいのですから尋常ではありませんね。111やフェンサー1機分のスペースに4機は置いておけそうです。これくらいなら一家に1機も夢ではありません(笑)でも、こんな機体でも印パ戦争で活躍したそうですし、練習機タイプは多くの戦闘機パイロットを育てている、隠れた傑作機といったところでしょうか。
 経国は探しに探した画像を元にしたのですが、出来はいかがでしょう?主翼の形がちょっと違うような気がするんですが・・・・実物は後部の前進角がもっと浅いような気がするんです。
f0059816_2128071.jpg

[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-05-13 21:34 | ヒコーキ野郎

A王国第XX航空連隊所属S.K大尉搭乗機

 作り始めると結構ハマリます(笑)
 今回の難関はタイガーシャーク、なかなかいい図面がサイトから拾えなかったので、航空機年鑑の図面をスキャンしました。
 クフィルとX-29がありませんが、クフィルはタイ米は炊いて(誤変換が面白い、笑)本人が買ったわけではないし(いずれ作ります)、実験機は最初から却下です。いくらT-38/F-5系が好きでも実験機は反則でしょ(^^;
 クルセーダーで締める、というのもありだったかも、この場合は最初に使っていたE型じゃなく、MじいさんがF国海軍から持ってきたJ型、ということで。
 なお、今回登場のクルセイダーの機番は「F-8」と「88」をカケています。
f0059816_21584577.jpg

[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-05-11 22:01 | ヒコーキ野郎

戦闘機と・・・・

車とバイクがかけっこしたら、どれが一番速いか?

・・・・ってほんとにするんだもんなぁ(^^;

http://nagikei.blog.ocn.ne.jp/weblog2/2006/02/post_5d6a.html

それよりも、この飛行機が動いている映像を見たのは初めてです。
何だか分かりますか?多分こいつのプラキットは出ていません。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-04-16 16:47 | ヒコーキ野郎

ホーカー・ハンター

 白状しちゃいますと、ハンターについてはよく知らなかったのです。「最も美しい戦闘機」というウワサは知っていたのですが、スタイルすら思い浮かべる事ができませんでした(^^;

 最近になって、買いそびれていた「世傑」を入手して初めて、その詳細を知る事になりました。
 ん~、いい飛行機ではないか。見かけも実績も申し分なし、これはやっぱり傑作機だよな~。
特に、2度にわたる印パ戦争におけるセイバーとの激戦の記述は興味深く読みました。F-86Fより性能に優れていたのですが、第2次戦でパキスタンが投入したカナデア・セイバーは速度、上昇力ともハンターより優れている、との記述も初見でした。

・・・・気になります、カナデア・セイバー(あれ?)
f0059816_1105223.jpg

[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-03-29 01:11 | ヒコーキ野郎

おつかれさま

 夕方、何気なくNHKを見ていたら、「三菱F-1最後の飛行」のニュースが・・・・そっかー、今日がラストフライトだったんだ・・・・
 今日(9日)は、築城の第6飛行隊に残っている7機が最後のフライトを行なったそうです。長い間、日本の空(海かな?)を護ってきたF-1もいよいよ退役となりました。
 
f0059816_013861.jpg

 登場当時はやれジャガーに似ているだの、尾部がファントムそのままだの(そのとおりだけど、笑)言われていましたが、いかにも日本的なアクの無いスリムなスタイル、日本の植生に見事に溶け込む迷彩、何より純国産の実用戦闘機であること、これまた好きな飛行機のひとつです。
 築城航空祭で見たF-1はロールも素早く、非力さなど全く感じさせない見事な飛びっぷりでした。
 生きた姿がもう見られないのかと思うと少し寂しいですね。

 三菱F-1、おつかれさまでした!
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-03-10 00:03 | ヒコーキ野郎

Avro Canada CF-105 Arrow Mk.1

 この機体をご存知なら、かなりの軍用機ファンでしょう。
アメリカのF-100スーパーセイバーと同時期にカナダで開発された幻の高性能機です。
カナダのとあるHPで見つけた、飛行中のアローを捉えた貴重な写真です。さすが本国、あるところにはあるんだなぁ、と感心した次第です。
ご興味があれば下記URLにアクセスしてみてくださいね、動画も見れますよ、スゴイです!感動しきりでした。

http://www.souda.net/~aileron/cf105.htm

f0059816_015926.jpg


                                                  なんてね(笑)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-03-09 00:04 | ヒコーキ野郎

マルヨン

 旅客機ネタが続いたので、今回は軍用機でいきましょうか。
 子供の頃、図鑑か何かで見たマルヨン、映画「ガメラ対ギャオス(昭和版)」で登場したマルヨン、私の中では戦闘機と言えば今もマルヨンです(最近まで「えふひゃくよん」と言っていました)。
 見慣れているせいか、マルヨンは空自仕様の「日のマルヨン」に限りますね。そういや、セイバーもファントムもイーグルも「日の丸」しか思いつかないです(笑)
 日本はマルヨンを最も有効に使用した国だそうで、マルヨンによる格闘戦技術を研究していたのも空自だけだそうです。
 いつか、空戦ゲームでマルヨンを使い、15を撃墜したいなぁ、と密かに思っている私です。

 ちなみにマルヨンと、陸の61式、海の「あまつかぜ」がわたしの3点セットです。
f0059816_1121590.jpg

[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-03-04 01:12 | ヒコーキ野郎

買っちゃった♪(その2)

 本来は軍用機ファンな私なんですが、旅客機も嫌いじゃないので年鑑的なモノが1冊欲しいな、と思っていたところ、立ち寄った古本屋で入手できました(ラッキー♪)
 300ページもあるのでぼちぼち楽しみながら眺めるつもりですが、パラパラめくってて感じた事を・・・・
 前世紀末発売の本なので、A380はA3XXの名前で想像図のみなのは仕方ないよね・・・お、フレンドシップがあるやん・・・・おお、エレクトラにDC-6ってまだ飛んでるの?・・・・おおっ、DC-3まで載ってるやんか!・・・・でもコメットやコンベア880、VC-10はさすがにありませんな・・・・
 コミューター機は結構バラエティに富んでいて興味が沸いてきそうです、機会があったら乗ってみたいものです。
f0059816_0281797.jpg

 
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-02-28 00:32 | ヒコーキ野郎

近頃のジェット旅客機・・・

 どれもよく似たスタイルで、飛行機好きな私も区別が難しくなってきています。まあ、ボ-イング747(ジャンボ)は間違えようがありませんが、エアバスA300とボーイング767あたりになると、同じ航空会社だったりしたら、かなりアヤシイです(^^;
 機能を突き詰めていくとスタイルは似てくるのは、旅客機に限らず工業製品ならむしろあたりまえの事なのかもしれませんし、単なる移動手段としてしょっちゅう利用される方には、スタイルなど特に興味がないとは思います(乗ったらどうせ見えないし、笑)
 ちょっと前までなら、ボーイング727やダグラスDC-10、あるいはロッキード・トライスターといった個性派が駐機場に彩を添えていたのですが、最近はカラーリングの違いだけかも。
 基本スタイルがいじれないなら、せめて尾翼やアンテナなど、ワンポイントで凝ってみてほしいものですが、設計屋さん、いかがなものでしょう?(ザクの角とか・・・・爆)

 (下は全日空のボーイング727-200型です、美人でしょ?)

f0059816_164078.jpg

 
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-02-09 01:09 | ヒコーキ野郎