<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1/700艦船キットの今(その5)

 最近、全○空のTVコマーシャルにデスラー総統が登場していて、思わず見入ってしまいます(笑)

 さて久しぶりの更新となりましたが、今回は、日本軽巡を紹介いたします。
例により評価は3段階です。
A は誰が作っても満足できる出来ばえが期待できるキット 「これ絶対お勧めだよ!」
B はほんの少しだけ知識と技術(あるいは予算)が必要なキット 「アイテムが好きなら買ってもいいよ」
C は初心者にはお勧めしかねるキット 「これはやめて別のにしようよ」
 あくまで主観ですので悪しからず。

B ハセガワ 天龍  (マストと武装は修正すれば充分いける)
C ハセガワ 龍田  (昭和初期でのモデル化は止めましょう)
A タミヤ 球磨   (傑作キット)
A タミヤ 多摩  (言うこと無し)
B タミヤ 木曾   (だから昭和初期での・・・・)
B ピットロード 大井  (重雷装艦、問題は価格面のみ)
B ピットロード 北上  (重雷装艦、高価なのは仕方ないか)
B タミヤ 長良   (19年時ではかえって模型化しにくかっただろうに)
C フジミ 長良   (17年時でリニューアルしないかな?)
A タミヤ 名取   (こちらは17年時なのでOK)
C フジミ 名取  (箱絵コレクター用)
A タミヤ 鬼怒   (これも17年時、問題無し)
C フジミ 鬼怒   (使えるのは船体と煙突だけかも・・・・)
A タミヤ 五十鈴   (防空巡、小澤艦隊に不可欠)
C フジミ 五十鈴  (よほどの覚悟がなければ)
C フジミ 神通  (戦前状態、要リニューアル)
C フジミ 那珂   (事実上の箱替えキット)
B タミヤ 夕張  (第1次ソロモン海戦時ならAだったのに)
B タミヤ 阿賀野   (航空機作業甲板とカタパルトに修正が必要)
A タミヤ 矢矧  (天一号時の大和の隣に!)
B フジミ 大淀  (改装後、装備セットが必須)
C アオシマ 香取  (リニューアルは最後になりそう)
C アオシマ 鹿島  (これを仕上げられたら上級者)

 軽巡は阿武隈、川内、能代、酒匂の4隻が未発売です。阿武隈は長良型唯一の二重湾曲型艦首のため、川内は逆に唯一のスプーン型艦首のために船体の流用ができず、発売の可能性は低いようです。お互いの艦首を交換する、という荒技もありますが、やっただけの効果が得られるかどうかは疑問ですし、そもそもそれだけの手間暇をかけるぐらいなら、素直にパテとプラ板で修正した方がいいでしょうね。
 酒匂は鮮明な写真が残っていますが戦歴が無いので地味かな?能代はマリアナとレイテで戦っているので発売してもいいとは思うのですが・・・・まあ、いずれも矢矧をベースに小改造で建造可能ではあります。
 5500トン型は戦前(昭和10年~15年頃)の写真に鮮明なものが多いので、そのあたりの状態で作ってズラリと並べるのも面白いかもしれませんね。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-09-20 00:56 | 艦船ちゃん

1/700艦船キットの今(その4)

 今回は帝国海軍をお休みして、太平洋を挟んで対峙した米戦艦をはじめとする、外国戦艦を取り上げます。タミヤの頑張りと、リニューアルの進行で出来のいいキットが多いのが目立ちますね。例により評価は3段階です。
A は誰が作っても満足できる出来ばえが期待できるキット 「これ絶対お勧めだよ!」
B はほんの少しだけ知識と技術(あるいは予算)が必要なキット 「アイテムが好きなら買ってもいいよ」
C は初心者にはお勧めしかねるキット 「これはやめて別のにしようよ」
 あくまで主観ですので悪しからず。

A タミヤ アイオワ (日米最強戦艦がタミヤ製!)
C フジミ アイオワ (長らく活躍するも退役時期か?)
C フジミ ニュージャージー (中身は同一の箱変えキット)
A タミヤ ミズーリ (大和最終時と並べるならこちらかな)
C フジミ ミズーリ (箱絵コレクター御用達?、笑)
B ハセガワ サウスダコタ (エリコン20mm単装がイマイチ)
B ハセガワ アラバマ (Sダコタとの相違点はカバーされている)
C アオシマ ノースカロライナ (そろそろ退役かな?)
C アオシマ ワシントン (ピットロードの新作待ち)
A タミヤ キングジョージ5世 (45年時、この内容で1365円は安いぞ!)
A タミヤ プリンスオブウェールズ (最終時、迷彩が大変そう)
       ※九六式&一式陸攻各3機付バージョンもあります
A タミヤ ネルソン (44年時、40cm砲艦が1050円!!)
B タミヤ ロドネイ (なぜ大戦前をモデル化したのか理解不能)
A タミヤ フッド (軍艦美の極致=20世紀職人技の極致)
       ※E級駆逐艦付きバージョンもあります、E級がいい出来!
A アオシマ ビスマルク (好キットとなって甦った!)
B ピットロード ビスマルク (価格と入手しやすさで不利、出来はいい)
A アオシマ ティルピッツ (ピットロード製は生産中止になりました)
A タミヤ シャルンホルスト (フッドとは違った近代的な造形美)
B タミヤ グナイゼナウ (これまた戦前の状態なのが問題)

(番外)
A ドラゴン アリゾナ (唯一の旧式戦艦キット。輸入キットながら船底部品とエッチングパーツがついて
  2800円はバーゲン価格でしょう)

 日米英独の新戦艦が揃うのも1/700ならではです、仏伊が無いのが残念ですが(苦笑)
 ピットロードのNカロライナ級が年内発売予定です。アオシマのキットがアレなので、若干高い(3800円)とは思いますが、存在価値は大きいでしょう。ピットロードからはアイオワ級も出ていたのですが、本家WLと競合するのは(特に価格面で)不利と見たのかティルピッツ同様、早々と生産中止にしたようです。元々ピットロードの外国艦は、設計が中国で行われているので、そのうち中国メーカーから発売されることでしょう。

 先日、行きつけの模型店で店長とだべっていたら、中学生ぐらいの男の子が息せきって店に飛び込んできました。
「おっちゃん、さっきのと同じ軍艦色ちょうだい!塗りよったら途中で無いなったんよ」
彼が帰った後、店長に「あの子は何買うたんです?」と尋ねました。
「1/250の大和ですよ」
1/250…いちめーとる!?
 小遣いを貯めたのか、祖父母あたりにもらったのか分かりませんが、買って帰るとすぐに組み立て始めたのでしょう。少々の接着剤のはみ出しや塗装ムラは気にしない気にしない。
 もう完成している事と思いますが、彼の目の前にあるのは彼だけの、世界唯一の「戦艦大和」です。今頃、きっと満足しながら眺めていることでしょう。

          「オラに元気を分けてくれ~~っっ!!!!」
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-09-09 23:27 | 艦船ちゃん

1/700瑞鶴(ソロモン戦時)のつくりかた

 とある方が悩んでおられますので(笑)、一項設けて最善な方法を検討してみる事にいたしました。
 タミヤのキットは「翔鶴」が開戦時、「瑞鶴」が最終(比島戦)時をモデル化しています。で、ソロモン戦時の「瑞鶴」を作りたい、とします。

①「翔鶴」を買った場合
  ・艦首と艦尾の機銃座、艦橋前後の機銃、21号電探が不足
  ・甲板の「シ」を「ス」に変更
②「瑞鶴」を買った場合
  ・デカールの多くが使用できない

 それぞれ上記のような問題が発生します。中級者以上のモデラーなら「瑞」をベースにして機銃とロケット砲を減らし、白線は塗装で済ませるところですが、初めて空母キットを作る、というような方には、白線塗装が最大の難関になってしまいます。
 まあ私とて「中の下」、といった所なので、他人に「こうせぇああせぇ」と言えるような技術までは持ち合わせていないのですが、どうするのが一番楽かな?と私なりに考えてみました。

(第1案)「翔」を買う
 ①タミヤのアフターサービスでAパーツを注文する。
    実はAパーツには「瑞」用の機銃座、ロケット砲、電探も付いているのですが、出荷時に
    わざわざその部分を取り去っているんです。そんなんするなら説明書で「不要部品」の
    指定をしてくれればいいのに・・・・
 ②甲板デカールはそのまま使用できますが、「ス」のみはマスキング塗装しなければなりません
(第2案)「瑞」を買う
 ①艦首、艦尾各3基の機銃座のうち、角型銃座の1基ずつを撤去する(艦首尾は2基ずつになります)。
 ②ロケット砲と砲座、及びマストの13号電探は取り付けない
 ③ピットロード製「DP-03 1/700 日本海軍デカール」を購入し、白線と「ス」を切り取り貼付する。風向指示線は角度に注意してください。
(第3案)「瑞」を買う
 ①、②は第2案と同様です。
 ③タミヤのアフターサービスで「翔」のデカールを注文する。
 ④「瑞」のデカールが余るので、つぎはぎして「ス」を描く(笑)。

 いかがでしょう?財布に優しいのは(第3案)です。確かめたわけではありませんが、「瑞」のデカールは500円程度で購入できる思います(ピットのは1500円)。
 
もうひとつ、(第3案)にはオプションがありまして、それは・・・・
        「ス」は描かない
というものです。確かに写真は残っているのですが、あれは真珠湾~インド洋あたりのもので、ソロモン戦の頃の写真は見たことがありません。写真が無い以上、描かれていない可能性もゼロではないわけで、確認できる資料が発見されるまでは不明につき保留、というのは、ダメですか?

        「何もせんほうが・・・・えぇ」(笑)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-09-07 19:53 | 艦船ちゃん

1/700艦船キットの今(その3)

今回は日本重巡いってみよ~!
重巡はWLシリーズで4社(当時)が最初に発売したアイテム(シリーズNo.1はハセガワ妙高)でした。上級者の完成品は原型をとどめないほどの手の入れようで、自分の完成品と見比べ、あまりの落差に驚嘆感動したものです(笑)

C ハセガワ 古鷹 (7100トン型はいずれも未リニューアルです。↙)
C ハセガワ 加古 (早くのリニューアルをしてくれないことには↙)
C ハセガワ 青葉 (第1次ソロモン海戦やサヴォ島沖夜戦を↙)
C ハセガワ 衣笠 (再現したいファンの首が伸びてしまいます)
A ハセガワ 妙高 (1890円、リニューアル版)
A フジミ 妙高 (こちらは1680円です)
A ハセガワ 羽黒 (値段の差をどう取るかは難しい)
A フジミ 羽黒 (詳しくは後述します)
A ハセガワ 那智 (ハセガワは開戦時と44年時の選択可能)
A フジミ 那智 (フジミのはどうなのか未確認)
A ハセガワ 足柄 (8隻分のコメントを考えるのは大変だ)
A フジミ 足柄 (時期尚早だったかな? 笑)
C ピットロード 高雄 (新作ながら・・・・偉大なる駄作)
A アオシマ 高雄 (こちらはその心配なし)
C ピットロード 愛宕 (ディテールは優れているが、らしくない)
A アオシマ 愛宕 (こちらはスタイルがいい)
C ピットロード 摩耶 (さしずめ化粧を失敗した感じ)
A アオシマ 摩耶 (一方こちらは素肌美人)
C ピットロード 鳥海 (おまけに2倍の価格となれば)
A アオシマ 鳥海 (おのずと勝負の結果は明らか)
A タミヤ 最上 (航空巡、傑作となって帰ってきた)
A タミヤ 三隈 (重巡時代の最上を作るならこちら)
A タミヤ 鈴谷 (重巡、なんと前期型と船体が別設計!)
A タミヤ 熊野 (軽巡、15門の主砲群がカッコイイ)
B アオシマ 利根 (リニューアルが早かったのでほんの少しだけ劣るかな?)
C フジミ 利根 (独立したからラインナップから落せないんでしょう)
B アオシマ 筑摩 (スタイル自体は抜群なので作るならこっち)
C フジミ 筑摩 (アオシマがあるから今となっては・・・・)

妙高型のガチンコ勝負について・・・・
ハセガワの利点は、機銃や艦載艇などの小部品が3社共通のモノなので、他艦と並べる場合は違和感が少ない事でしょうか。
一方、フジミのいいところは、雰囲気がいいことでしょう(ハセガワもいいんです)。小部品の件を気にしなければ、私はこちらを買います(安いし)。もっとも、小部品はWLの別売りセットを使用すれば解決するわけですが、それは本コメントの趣旨(ストレートフロムザボックス)から外れますので。
重巡群はリニューアルが進んで隔世の感があります。アオシマ利根型も限りなくAに近いB、という感じなので、1万トン級が「並んだ姿は壮観な眺めだわい(byハイデルン)」となること請け合いです(笑)

・・・・あ~でもこの場合、エセックス級3隻とサラトガあたりでやったほうがピッタリかも。

                        ( イ メ ー ジ 写 真 )
f0059816_21593514.jpg

[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-09-04 00:13 | 艦船ちゃん