<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こんなんありました。

 現在刊行されている月刊のプラ模型雑誌といえば、ホビージャパン(HJ)、モデルアート(MA)、モデルグラフィックス(MG)の3つがあります。。
 HJ誌は一時期「ウォーゲーム」の普及に力を入れていたのはご存知のとおりです。最近はキャラクター物がメインの誌面作りとなっていて、我々スケールモデラーには魅力が薄くなっているのが残念なところです。
 一方、MA誌はブレずにスケールモデルのみを紹介し続けています。流行に乗らないので発行部数は多くないと思いますが、逆に安定はしているのではないかと。本誌だけは毎月欠かさず購入しています。
 MG誌は上記2誌の中間といったところでしょうか。いわゆる超絶技巧モデルが多いのが特徴で、エッチングパーツなどの社外品を使うのは常識、のような感じです。多数の読者を取り込もうとしながら、一般モデラーに高い技量を要求する、といった点は不思議と言えなくもありません(笑)。本誌は特集の内容によっては購入します。今日買った最新号は陸自特集だったので迷わず買ってしまいました(なんと73式大型トラックが出るそうです!)。余談ですが、本誌には重巡「利根」型の考証についての小文(知人との共作)を掲載してもらった事があります。

 さて、これら3誌以外に、1980年代末から90年代初めの短期間、スケールモデル専門誌が刊行されていました。それがこの「レプリカ」です。
f0059816_21361885.jpg

 この号の特集がいきなり「空母ミッドウェイのF-4」とマニアックです。しかも表紙が作例でなく、実機写真だったりします。全体(約100ページ)の半分近くがVF-151および161に配備されたファントムの作例や原稿、塗装図や実機写真で占められています。これ1冊あれば、私のような並のモデラーなら事足りるかもしれません。
f0059816_21364186.jpg

f0059816_21365883.jpg

 「ミッドウェイ」の方はこれがなんと竣工時のキットを実艦と同じく大改装を施したもので、社外品が無い当時としては驚きの作品です。まあ、現在でもこんな改造をする人はそうはいないでしょうね。戦後派米空母の中では、この状態の「ミッドウェイ」がいちばん好きです。

 毎号がこんな調子私のような人間から見れば興味深い誌面だったのですが、あまりにもマニアックすぎて一般受けはしなかったようです。当初は月刊だったのが隔月刊に、やがて不定期刊となり、いつの間にか書店の棚から姿がか消えて無くなってしまいました。定期購読しておけばよかった、と今でも残念に思います。
 こういうコンセプトの雑誌は、ジャンルが多様化した現在の方が売れそうな気がします。その意味では登場が早すぎたのかもしれませんね。あ、でも今は陸海空、それぞれに特化した模型誌の別冊がいろいろ出ています。より進化した形でコンセプトが受け継がれている、と言ったほうがいいのかもしれませんね。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-11-29 21:38 | その他いろいろ

艦船ユニットを見比べる

 純国産の現代海戦ゲームというのは非常に少なく、私が知る限りでは<ツクダ>「SEA LANE」および<翔企画>「シーレーン防衛戦」のみだと思います。あと、シミュレイター誌の折り込み付録でもあったようですが残念ながら未見です。
 どちらも20年以上前に発売されたゲームなので、現在の目で見ると?なユニットがありますが、そういった時代に取り残された可哀想なユニットたちを艦船ちゃんの目でご紹介いたします。なお、以後ツクダはT、翔企画はSと呼称します。ユニットは、小さい方がT、大きい方がSです。
f0059816_0133030.jpg

 まずはソビエト空母、名前からしてTはクレムリン、Sはリガです。Tの艦影はキエフ級のそれを踏襲していますが、Sは何だかヘリコプター揚陸艦のようですね、なんか弱そう。

f0059816_0163793.jpg

 次はTのソビエト原潜の一部です。マイク型とパパ型はそれぞれ1隻のみが竣工した試作艦的な存在です。しかもその唯一のマイク型は事故で沈んでいたりします。マイクは今ならアクラ型に変えた方がよろしいでしょう。

f0059816_013521.jpg

 続いて米アーレイバーク級、Tはマストがラティス構造の予想図をモデルにしています。Sは何とC.F.アダムス級そのままです。このままではイージス能力が無いかも(笑)

f0059816_015172.jpg

 我が海自のイージス艦もTはこれまたバーク予想図です。Sは・・・・ちゃんと「こんごう」になっています(翔企画エライ!)。艦名は「~かぜ」になるだろう、という事でしょう。

f0059816_0221115.jpg

 「あさぎり」型、艦影はどちらも正確です。ただし、Tの2番艦以後の名前が「改はつゆき」なのはどうしてでしょう?普通に「あさぎり」でいいんじゃないのかなぁ?

f0059816_0155784.jpg

 トリはTの海自空母です。海自創設以来の見果てぬ夢をユニット化しています。インヴィンシブル級をちょっといじった艦影ですね。ハリアーを搭載できます。ようやく登場する実物にはその能力はありません。

 こうしてみると、まだ見ぬ兵器をユニット化するのは難しい事がよく分かります。もちろんゲームそのものの良し悪しに影響する訳ではないのですが、艦船ちゃんな私はユニットをいじりたくなるのでした(笑)

 まだ見ぬ兵器といえば、こんなん作ってみたり・・・・勝手に作って申し訳ありません(^^;
f0059816_0482168.jpg


 ところで<ツクダ>「SEA LANE」のチャートをお持ちの方がいらっしゃったらご一報くださいませ。紛失してプレイができないでいます(泣)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-11-21 00:49 | うぉーげーまー

ラムズフェルド国防長官の後任に・・・・

 ロバート・ゲイツ氏が指名されることになりました。議会で承認が得られれば、初の親子二代にわたる国防長官となります。

さて、ゲイツと聞いて連想するのは・・・・
 世間一般の人達 → ビル・ゲイツ
 艦船ちゃんな私 → トーマス・S.ゲイツ(タイコンデロガ級CGの5番艦、2005年退役)

 ひょっとして・・・・と思って調べてみると、トーマス・S.ゲイツなる人物、アイゼンハワー政権で国防長官を務めていました。つまり、ロバート・ゲイツ氏のご尊父なわけです。
 「パパ」ゲイツは1983年に死去、その翌年にUSSトーマス・S.ゲイツが起工しています(1985年進水、1987年竣工)。どうやら故人の業績を称えての命名のようです。他のタイコンデロガ級は全て戦場名なので、例外的に名づけたみたいですね。
 「パパ」ゲイツの在任期間中(1959~61)、核戦力の三本柱(ICBM、SLBM、及び戦略爆撃機)の確立、戦略核攻撃の目標策定、U-2によるスパイ偵察へのゴーサインなどが行なわれたそうです。もっとも、パワーズ中佐(だったかな?)操縦のU-2が墜とされたりもしていますが。軍艦に名をつけられるぐらいの業績は残しているようですね。
f0059816_0522771.jpg

 ところでアメリカ海軍さん、存命中の人の名前を軍艦につけるのは止めてもらえませんか?(笑)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-11-11 00:54 | 艦船ちゃん

ピットロードが特型駆逐艦を開発!

 模型誌でこの広告を見て正直、私は驚きを禁じ得ませんでした。

 WLシリーズ、タミヤの特型駆逐艦といえば、とかく問題キットの多かった駆逐艦の中では最良との評価をされており、若い頃は私も随分とお世話になったものです(笑)
 その後、ピットロードが峯風、神風、睦月、初春、朝潮、陽炎、夕雲、秋月、橘の各型を開発し、価格は高めながら、同一クオリティの駆逐艦コレクションが可能になりました。
 対するWL3社の対応は、戦艦、空母、巡洋艦のリニューアルに力を注いだために駆逐艦は後回しになり、現在までにアオシマの陽炎型と秋月型、タミヤの松型、ハセガワの若竹型が発売されたのみです。
 タミヤの特型はマストやボートダビッドなどの小物部品の出来はピットロードよりシャープな位なのですが、こちらの目が肥えるにつれて外形に問題が目立つようになってきました。厳密にいうと、ストレートフロムザボックスで建造可能なのは、Ⅰ型初期の数隻だけなのです。
 そんな中で今回の情報、実はタミヤがいずれ出すであろうキットと初の真っ向勝負となるのですが、今までの駆逐艦の出来から見ると、かなり期待しています。
 今回発売されるのは、一部で超有名(笑)なⅡ型の「綾波」と「敷波」なんですが、部品割をうまく処理すれば、初期の数隻を除いたⅠ型、Ⅲ型も開発可能と思われます。

 私の「昭和14年4月29日計画」にも10隻前後の特型が必要になるので、12月と言われる発売が今から待ち遠しいですね。
f0059816_23385198.jpg

・・・・・・と言いたいところですが、1隻2000円!?・・・・WL重巡より高いとは、さすが特型です(^^;
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-11-07 23:46 | 艦船ちゃん

パナマ運河拡幅計画

 パナマックスサイズといえばご存知のとおり、パナマ運河を通行可能な艦船の最大の大きさを指していて、現在は全長294.1m、全幅32.3m、深さ12mとなっています。108ft(32.9m)というのが私のような古い艦船ファンには必須(笑)の数字だったのですが、昔より少し狭くなっていますね。

 このほどパナマで運河の拡幅工事の是非を問う国民投票が行なわれ、80%の賛成で計画にGOサインが出ました。計画では6200億円をかけて、開通100周年にあたる2014年に完成させる予定だそうです。

 完成後に通過できる最大サイズは全長366m、全幅49mとなります。これでモンタナ級戦艦やミッドウェー級空母も通れますし、大和型も楽勝ですね(違うって!)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2006-11-01 00:50 | 艦船ちゃん