<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏は祭りだ海だ!!

 7月22~24日の3日間、地元で夏祭りがあり、今月はその準備から本番、後片付けのため、ここは放置プレイ状態になっておりました。
 ようやく今日から普段の日常に復帰する事ができましたが、ナマっている上に筋肉痛の体が元に戻るまでには、今しばらくかかりそうです。
 そんなわけで、我が護衛空母『ナッソー』も、船体の3色迷彩を済ませたところで、建造一時中断、となっております。迷彩自体はなかなかうまく塗れたんじゃないかな♪

 さてこの夏、最大の話題作かつベストセラーになるであろう『アジアン・フリート』、注文しちゃいました。
 アナゲーshopに申し込んだのが7月25日24時6分、つまり割引販売の〆切を6分ばかり過ぎていたんですが、何とか滑り込みセーフだったようです。
 実は私、自称艦船ちゃんにもかかわらず「フリートシリーズ」は未プレイなので、理解できない箇所などありましたら、遠慮なく書き込んでいこうと思っています。ひとつ、思い切り揉んでやってくださいませ(笑)

 で、その『アジアン・フリート』のユニットサンプルを見て思った事なんですが、せっかく海自艦船の艦名を「ひらがな」表記しているんだから、中国や台湾、南北朝鮮の艦船は「漢字」表記も書き加えていただきたかった、と思います。ユニットに「広開土大王」号とか「成功」級とか書いてあれば、まさに極東アジア、という雰囲気バツグンだったんじゃないかな?

 新DDH、あと1ヶ月で進水式なんだけど・・・・名前が記載できませんでしたね、惜しかったなぁ(^^;
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-07-27 00:16 | うぉーげーまー

日本空母の飛行甲板識別標識

1航戦 赤城「ア」、加賀「カ(推定)」
2航戦 飛龍「ヒ」、蒼龍「サ(推定)」
5航戦 瑞鶴「ス」、翔鶴「シ」

「真珠湾6空母」の飛行甲板に、上記のような識別標識が描かれていた事は、艦船ちゃんならご存知だと思います。
この標識、戦隊内での同型艦を区別するため、と言われていますが・・・・

ちょっと待ってください、5航戦の2隻は言うまでもなく姉妹艦なので、描かれていないとどちらか分からなくなる、というのはよく分かるのですが、
1航戦と2航戦の場合、艦橋の配置がまるで違うので、間違えるものなんでしょうか?停泊しているのなら、ありうるかもしれませんが、航行中なら前後は、どっちに走っているか、ぐらいは判別できるので、搭乗員が母艦の艦橋の位置を忘れてしまう、とも思えません。

で、仮説ですが、この標識は、
「赤城」と「飛龍」
「加賀」と「蒼龍」(加えて「翔鶴」と「瑞鶴」も?)
を区別するために描かれていたんじゃないのでしょうか?

駆逐艦を巡洋艦と間違えたり・・・・というのはよくある話なので、大きさだけでは「赤城」と「飛龍」を見分けにくい、というのは考えられる事だと思いますが、みなさんはどう思いますか?
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-07-08 23:29 | 艦船ちゃん

日本人は・・・・・

(明るい)
ペイルグレー → 明灰白色
サイヤーブルー
スタンダードネイビーグレー
ライトグレー
ヘイズグレー → ダークシーグレー
オーシャングレー
シーブルー
ネイビーブルー
ダークグレー
デッキブルー → フィールドブルー
(暗い)

・・・・米艦船の甲板に使われるデッキブルーって、いちばん暗い色なんですね。
デッキブルーに、タミヤのフィールドブルーを使用した以上、シーブルーやネイビーブルーは、それより明るい色としなければなりませんが、これがなかなか・・・・やっぱり混色せないかんのかなぁ(^^;

以前、日本艦には、海軍規定の黒1:3白で合わせた灰色を使っていたんですが、1/700に塗ると、暗く見えてしまった経験があるので、現在の我が工廠では、ニュートラルグレーを日本艦の標準色とした経緯があります。

で、米艦もバランス上、マニュアルにこだわらず、実際より明るい色に仕上げたいわけです。

シーブルーとネイビーブルーは同じ色でも、それほど差し支えないのですが・・・・(と勝手に解釈)

いっそ、フラットブルーを使うか?

呉だ佐世保だ、と言っている日本人って、幸せなんだなぁ(笑)



・・・・閑話休題・・・・

プラモの在庫を発掘していたら、こんなに・・・・
f0059816_23154154.jpg
・・・・なあんや、結構持ってんじゃん!

ちなみに、「キャラハン」の中には、3隻分詰め込んでいて、箱が膨らんでました(自爆)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-07-06 23:03 | 艦船ちゃん

やっぱり『海が好き!』

防空巡「オークランド」が入手できなくて、すっかり意気消沈した私・・・・

なぁんて、それぐらいの事でめげていては自称「艦船ちゃん」の名折れです。
ケントからの帰りに立ち寄った100円ショップで、この2点を購入しました。
f0059816_0574778.jpg
右は、本来はレンジでチンしてキーホルダーを作るためのプラ板ですが、タミヤの0.3ミリより薄い「0.2ミリ」なんです。水密扉やブルワークなどの、細かいディテールを表現するのに役立ちそうです。プラ用接着剤が効くかどうかは、使ってみなければ分かりませんが、ダメだった時は、キーホルダーを作りましょう(笑)

左はセロファンが5色×2枚=10枚入ったセットです。今回必要だったのは、緑1枚に青2枚です。
まず、緑と青1枚ずつを適当な大きさのダンボールに貼り付け(巻きつけ?)ます。その後、一旦クシャクシャに丸めて、注意深く広げた青1枚を貼り付けると・・・・
f0059816_1115294.jpg
ハイ、きれいな海面の出来上がりです。
せっかくの洋上模型です、工作台やヘクスの上で撮影するより、このほうが完成品も生き生きしているような気がします。
今は海面ボードなるものも発売されていますが、1枚1000円以上するので、貧乏海軍にはちょっとツライものがあります。
これだと100円で済みますから・・・・30年前の展示技術ですけど(笑)
本棚や展示ケースでも使える手法なので、是非お試しあれ。

あ、余った赤や黄色のセロファンは、お子さんの工作や、お菓子を包むのにお使いくださいね。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2007-07-02 01:22 | 艦船ちゃん