<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

写真で見る海軍糧食史(光人社)

f0059816_0561410.jpg
「腹が減ってはいくさはできぬ」
とは、よく申しますが、本作は、帝国海軍の「食」の歴史を著した労作です。
ただ、よくある海軍メニューのレシピ本、といったものではなく、「その時々において、海軍はどういう食糧を将兵に供給していたのか?」という、いわば主計科の仕事、といった観点から書かれているので、一般的には読んであまり面白いものではないかもしれません。もちろん、ゲームやプラモの資料にもなり得ません(笑)

ただ、中には面白いネタがあったりします。

(その1)缶詰や冷蔵技術が未熟な頃、輸送船に生きた牛を「生牛」と呼称して積んでいた。

(その2)戦艦「八島」触雷時、応急要員の非常食として乾パン、砂糖、水が支給された(触雷~総員退艦まで7時間弱)。

(その3)日本海海戦時の戦艦「三笠」、当日の朝・昼食は通常提供、引き続き夕食として戦闘食(握飯)調理、合戦開始(午後2時)までに各部署に支給、昼戦終了後、翌日朝・昼食分の握飯を調理(通常は乾パンだが、士気高揚を企図)し、未明に配食完了。

(その4)同海戦の駆逐艦「白雲」では「天気晴朗なれども波高し」の状況下、調理中の火災・火傷を心配して乾パン、コンビーフ、砂糖、水を支給。
一方、駆逐艦「霰」では梅干入り握飯を苦労して調理・配食した。ちなみに本艦は夜戦で巡洋艦「スヴェトラーナ」に魚雷を命中させている。

残念ながら第2次大戦時の記述はあまり無いのですが、航空弁当としてのパン食(サンドイッチなど)は不人気だったそうです。日本人の弁当はやはり握飯なんですね。

ゲームやプラモの資料には向かない、と書きましたが、艦載艇の解説は、今まで読んだ中で本書が最も詳しく書いてありました。
また、将兵棒給の一覧表などは多く添えられているので、プレイヤーが主計科員、といったゲームの製作には向いているかも(笑)

購入はお勧めしませんが、パラッと立ち読みするには悪くないかも、です。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-02-27 01:53 | 艦船ちゃん

陸自新戦車(TK-X)公開!!

f0059816_0132874.jpg
            ↑ ゴムパッド付けずに信地旋回してますが(オイオイ)

ネットのあちこちで取り上げられているので、ウンチクはそちらにお任せです(笑)

外形は、各国の3.5世代戦車をミックスして、コンパクトかつ醤油味にまとめた感じかな。
巷では、「世界初の第4世代戦車」とでも言われるようになるのでしょうね。
もっとも、軽量戦車がこれからのど真ん中になるかどうかは、今の所分かりませんが。

自信作、とでも言いたげな「防衛省技術研究本部」の文字とマークが目立っています。
車長用ハッチがスライド式なのと、下部転輪が片側5つなのが目を引きます。
凝った車体の作りなのに、無造作なゴムスカートはイマイチかな?角を落とすとかしないのかな?
90式より6トン軽い車体で、同じ主砲(ただし国産)の衝撃を吸収しなければならない上、サスペンションひとつが支える重量は90式より増えているので、よほど強靭な足腰を持っているようです。
主砲をあえて変えなかったのは、狭い本土使用も考慮したのでしょうか。レオ2A6は、現場では結構取り回しに苦労している、という噂を聞いていたのでしょう。

これで90式より安い1輌7億(×300輌=2100億)、ラプター7機分だから、バーゲンセールかも!?

操縦してみたいな~、え?操縦できないだろうって?

いえいえ私、「大型特殊自動車運転免許(大特)」持ってます。

ガンタンクも操縦できるんだぜい!(爆)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-02-15 00:39 | Tank郎

そういえば・・・・

ここ4、5日、37℃くらいの熱が続いております。
寝込むほどでもないので、パ○ロンを服用しながら生活していますが、
食後に飲み忘れた時に、微熱が復活するのはちょっと困りモノです(^^;
というわけで、プラモもゲームも休業中、でもネットだけはしてたり(笑)


さて「本題」です。

アマゾンやヤフオクなどで欲しい本を中古で入手できるとして、

この場合、作者や書店には印税やマージンが入らないんですよね~。

これからは、なるべく馴染みの本屋さんで注文することにしよ~っと♪

・・・・学研本はどっちにしようかな?

以上、微熱の中で思い付いた「本代」ネタでした(自爆)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-02-13 23:46 | その他いろいろ

いくらなんでも・・・・

f0059816_0143323.jpg
差がありすぎますよね~。(ちなみに数字は船体ボックス数です)

我が合衆国海軍重巡と、にっくき帝国海軍のヤツらと、主砲威力に差をつけているのは、デザイナーに意図があるものと(無理やりにでも)納得することといたします。

・・・・が!
米国側のこの差は一体何??
主砲1門あたりの威力を計算してみると、
ペンサコーラ級 = 1.6
ノーザンプトン級~ボルティモア級 = 1.33・・・
キャンベラ = 1.25

帝国海軍のヤツらは、「2」で統一されているのに・・・・

これも何かの意図があってのことなのかな?

ペンサコーラ級の8インチ砲が特に優れている、という理由をご存知の方は、是非ご教示ください(笑)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-02-03 00:28 | うぉーげーまー