<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今でこそ・・・・

1/144スケールの食玩がコンビニでも気軽に買える時代になりましたが、
昔はアクチュアルゲームのコマと言えば、これが普通でした。

http://www.ghqmodels.com/store/ghq-military-models.html

古いホビージャパンなどに広告があったので、ご記憶の方もおられるのではないでしょうか。
まー、その種類がハンパじゃありませんので、眼の保養になりますよ。

プラモデルが軒並み値上がりしている昨今、極端に高く見えなくなりました。

でも、これを収集しはじめたら、収拾がつかなくなりそうですね(^^;
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-03-21 00:07 | うぉーげーまー

帝国海軍の駆逐艦って・・・・

 ・
 ・
1925 睦月型
1926 A級原型
1927
1928 特型
1929
1930 A級
1931 B級
1932 C級
1933 初春型 D級
1934 ファラガット級 E級 F級
1935 マハン級
1936 白露型 ポーター級 G級 H級
1937 朝潮型 バグレイ級 I級
1938 ベンハム級 トライバル級
1939 陽炎型 シムス級 J級 K級
1940 ベンソン・リヴァモア級 L級 N級
1941 夕雲型 M級
 ・
 ・

以上、第1艦の竣工年を羅列してみました。

意外な気もしたんですが、日本駆逐艦って、ベテランが多いんですね。WWⅠでは航洋型駆逐艦が危機的なほどに不足していたぐらいですし、ビンボー海軍の悲しさ、数隻ずつ地道に揃えていかなければなりませんでした。その間、個艦優越の思想を取り入れた新型を建造、その反動とも言える友鶴、第四艦隊、臨機調の各事件を経験し、陽炎型で努力が結実しました。

アメリカ海軍は、大量の4本煙突が持っていたので、数は足りていたのですが、十数年の間に設計ノウハウが失われてしまったようで、ファラガット級は初春型と同世代にも関わらず、バタ臭い出来ばえとなってしまいました。しかしながら、わずか5・6年で、シムス・ベンソンあたりまで持ってきたのはさすが、といいたところです。

イギリスもアメリカと同じく、大量のWWⅠ計画艦を保有していましたが、早い時期に新駆逐艦の設計コンペ(A級原型)を開催したおかげで、1930年のA級は、既にその後の標準となる形態を確立できています。WWⅡ標準型は、J・K級で完成を見ます。


その後、日本は一部改良の夕雲型、正統派ではない秋月型、島風を造った後、最後の艦隊型としては、スペックよりも、実情に即した松・橘型となりました。

アメリカはフレッチャー・サムナー・ギアリング、と、より強く(特に砲力)進化しました。

イギリスはスペックダウンしながらも、構成は変えていないO級~Z級、新C級を建造しています。


多少こじつけがましいかもしれませんが、WWⅡ標準となる艦の完成が、いずれも1939年である点、そしてそこに至るまでの手法が三者三様なところが、興味深く感じられました。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-03-17 00:21 | 艦船ちゃん

タミヤ1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ「ゼネラルセット」

f0059816_23484885.jpg
(画像はアマゾンより拝借)
まあ、ここにお越しの皆さまなら、個人名は書かなくても大丈夫でしょう。

知名度から、ロンメル、モンゴメリーは文句無しでしょう。アメリカからはなんと3人、個性の固まりみたいなパットンとマッカーサーを、アイゼンハワーで抑えているような(笑)
ただ、個人的にはこの人選、1人だけちょっと「違うかな?」と思ってしまいます。
それは「アイク」ことアイゼンハワーです。
アイクは前線の指揮官、という感じじゃないんですよねぇ。他の4人は戦車の横に、違和感無く並べる事が出来るんですが、アイクは黒塗りの軍用乗用車で司令部へ、という印象を受けてしまいます。

そこで、皆さんに、アイクの代わりに本キットに入れたい人を考えていただきたく思います。

条件は、
 ① 第二次世界大戦中に
 ② 将官(准将~元帥)職に付いた
 ③ 陸軍軍人(MMシリーズですから) といたします。

ちなみに私なら、ジューコフを指名します。
f0059816_0175421.jpg

画家に「ロシア人」のお題で人物画を描かせたら、ジューコフになるそうですから。

しかし、モンティーは塗装替えで(替えなくても)、フランス農家のオッサンになってしまいますなぁ(笑)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-03-15 00:16 | Tank郎

虎威張る!

f0059816_23472376.jpg
ピットロードから1/700の「トライバル」級が出るそうです(写真は同社サイトより)。
2番煙突が長いので、WWⅡ前半の姿を再現しているようです。見た感じ、PTらしく濃い目のディテールで、なかなかの出来ばえのようです。

価格は未定ですが、特型と同じ税込2100円であれば、数が出ない外国艦なので、まあ許容範囲というところかな?

これでようやく、ビスマルクに夜襲を仕掛けたヴァイアン隊が編成できるぞ♪
あ~でも、ポーランド駆逐艦「ピオルン」(元英N級「ネリッサ」)はどうする?

「トライバル」を切り貼りして縮めて、煙突を自作すればデッチアップできるかも(笑)

ともあれ、タミヤからはE級、旧V級が出ていますし、イギリス駆逐艦が充実しつつあるのは嬉しいことです。
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-03-11 00:04 | 艦船ちゃん

KC-767J空中給油・輸送機到着!

f0059816_054471.jpg
例の事故に隠れて目立ちませんでしたが、2月20日、岐阜に到着、川重で整備の後、3月に空自に引き渡し、小牧に配備されるそうです。
本機は給油機として使用される他、空自最大の「輸送機」(200名、32トン)でもあるため、海外派遣や邦人救出などにも活躍が期待されます。
ドンガラはE-767と同じなので、整備面でも共通化が図られるのはいいことですね。
f0059816_0283587.jpg
こっちの共通化も簡単そうです(改造にもならんか、笑)
[PR]
by RZ350RR5678 | 2008-03-01 00:30 | ヒコーキ野郎